誇りのもてる「自治のまち」を実現するために

名張市市民活動支援センター
Nabari City Civic Activity Support Center

【助成金情報】日本生命財団 児童・少年の健全育成助成(実践的研究助成) 2023年03月01日郵送締切

『子どもを巡る「真のウェルビーイング」の探求』をテーマに、下記の通り2年助成と1年助成の募集を行っております。

申請期限 2023年3月1日

対象地域 全国

対象団体 研究者、または実践家(研究者であり実践家である者を含む)

対象活動
■第1分野:健全育成のための教育、周到な準備を図る分野
(教育、予防的対処等を図る分野) 【分野番号1】
《キーワード・キーフレーズ》
・精神の発達、身体の発達、社会性の発達: 生涯発達(ライフスパン)、愛着、自己肯定、自己形成、規範意識、基本的な生活習慣づくり、食育、自然体験、運動、人間関係、社会体験、社会参画・貢献、メディア、情報、多文化理解
・保育、学校教育、社会教育: 教育のユニバーサルデザイン、インクルーシブ教育、 特別支援教育、教科教育、授業のオンライン化、総合的学習、アクティブラーニング、ICTメデイアリテラシー、ソーシャルスキルトレーニング(SST)、ストレスマネージメント、安全教育、健康教育、主権者教育、消費者教育、ペアレントトレーニング、人権教育、ダイバーシティ教育、環境教育、キャリア教育・職業教育 、医療的ケア児
・新たなファミリー・ネットワーク: 親子関係の再構築、里親、あらたな家族のあり方
・家庭、学校・地域社会の関係再構築、地域教育: 親への支援、学校と地域の連携・協業、コミュニティスクール、地域高齢者による健全育成支援

■第2分野:健全育成にとって喫緊の対応を要する分野
(療育的対処等を要する分野) 【分野番号2】
《キーワード・キーフレーズ》
・心身の発達・健康の問題: 知的障がい、身体障がい、精神障がい、発達障がい、行動障がい、慢性疾患、難病、アレルギー性疾患
・心身の危機: いじめ、自殺
・家族の課題と病理: 虐待、ネグレクト、マルトリートメント、家庭崩壊、DV、ヤングケアラー
・人権・プライバシーの危機: SOGIE、性差別、性暴力、人種差別、障がい者差別
・社会性の危機: ひきこもり、不登校、非行、過度な情報ネットワーク(メディア・SNS・ゲーム)への依存・耽溺
・大人の側の課題: 貧困、教員の長時間労働・過度な心身への負担、教員(支援者含む)の専門性向上、チーム学校

助成金額
2023年8月より2年間1件最大400万円(1年最大200万円) 3~4件
2023年8月より1年間1件最大100万円 5~7件

問合わせ先 日本生命財団 児童少年の健全育成(研究助成) 事務局
MAIL jidou-kenkyu@nihonseimei-zaidan.or.jp
URL http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/jidou2/02.html

その他最新助成金情報一覧表は-> https://www.emachi-nabari.jp/j-kouryu/?p=540

名張市市民活動支援センター

〒518-0775 三重県名張市希央台5番町19番地 名張市市民情報交流センター内
TEL:0595-63-5325 FAX:0595-63-5326 e-mail: