【毎日jp】終盤の桜を満喫 中央公園でイベント  三重/名張

 名張市夏見の名張中央公園で開催中の「名張桜まつり」のステージイベントが13日にあり、家族連れ
やカップルでにぎわった。模擬店やフリーマーケットも出店し、来場者らは恵まれた天気の下、終盤の桜
を名残惜しそうに楽しんでいた。

今年は統一地方選が行われており、ステージイベントは例年よりも遅い開催となった。
しかし、歩行者天国となった約600㍍の道路沿いの約800本のソメイヨシノは盛りが過ぎたものの
まだ多くの花を残していた。
まつり実行協議会によると、3月22日から4月15日までの来場者は約3万5000人を見込んでい
るという。

ステージイベント開催のあいさつをした同会会長の川口佳秀・名張商工会議所会頭は「おととしはつぼみ、
昨年は葉桜だった。今年は花もあるし、天気も良い。平成最後を飾るにふさわしい祭りとなった」と話して
いた。

毎日jp記事より