【毎日jp】移住促進 動画でPR 名張市、YouTubeに専用チャンネル開設 /三重

 名張市は、移住や定住を促進するため、動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」に、専用チャンネル「来て見て暮らしてだあこ名張」を開設した。第1弾として、名張川の花火大会や伊賀牛など観光資源や特産物を紹介する動画「ようこそ名張(なばり)へ~Welcome to Nabari City」を公開した。

 動画では「四季の変化に富んだ豊かな自然」「古を偲ぶ歴史と文化が息づく町並み」などのキャッチフレーズに続いて、藤堂家屋敷の桜や香落渓の紅葉など市内の四季折々の情景や、伊賀米、美旗メロンなど特産物を紹介。滝之原の若子祭や一ノ井松明調進といった伝統行事などのスライドも盛り込まれている。

 市では今後、赤目地区での暮らし体験ツアーの様子などの動画を同チャンネルで公開していく予定。市地域活力創生室は「今回はスライドでの紹介だったので、人が動いている、元気な町を表現してくれるような動画を公開していきたい」と話していた。【衛藤達生】

毎日jp記事より