【毎日jp】ホタル 守るために 勉強会&鑑賞会に30人 名張市と地元住民 /三重

 名張市の「くにつふるさと館」などで10日、市南部に生息するホタルの勉強会と観賞会があった。市と地元住民らが開き、約30人が参加した。

 勉強会では同市布生の元教員、中井道昭さん(62)がホタルの生態や生息する環境などを説明。参加者は5班に分かれて「ホタルを守るためにできること」をテーマに話し合い、「水路をコンクリートで固めない」などの意見が出た。

 その後、参加者は近くの川沿いに車で移動。雨天だったが、所々でホタルが飛び、「雨の日のホタルも風情があってきれい」などの声が上がった。【稲垣淳】

毎日jp記事より