【毎日jp】おはなし会 聞いて、ドキドキワクワク 児童書作家・杉山亮さん、名張・箕曲小で読み聞かせ /三重

 名張市夏見の市立箕曲小学校で17日、児童書作家の杉山亮さん(64)=山梨県=による「おはなし会」があった。児童たちは極楽と地獄にちなんだ話などを真剣に聞いていた。

 講師の杉山さんは東京生まれ。「ふりかえれば名探偵」「しあわせなら名探偵」などのシリーズ作品がある。読書の面白さを子どもらに伝えようと、全国の小学校を訪問している。

 おはなし会は低学年と高学年に分かれて実施。低学年の授業では1~3年生約40人が、話を聞いたり、手遊びなどをした。3年生の駒板心春さんは「遊びや面白い話を教えてもらって楽しかった」と喜んだ。【広瀬晃子】

毎日jp記事より