【毎日jp】エンゲキ塾 芝居の世界、飛び込もう 田口知恵子さん開講 塾生募集、未経験でも気軽に /三重

 地元FMラジオの番組などに出演する田口知恵子さん(49)=名張市つつじが丘北10=が6月から、青山ホール(伊賀市阿保)で演劇講座「伊賀エンゲキ塾」を開く。約10人(小学3年生以上)の塾生を募集している。オーディションが今月19日午後1時半から同ホールであり、田口さんは「未経験者も気軽に参加して」と呼び掛けている。

 田口さんは県立名張桔梗丘高校(現・名張青峰高校)時代から演劇部に所属。日本大学芸術学部を卒業後、女優、木野花さん主宰の俳優養成所「ドラマスタジオ」(東京都)で脚本作りや演技の指導を受けた。その後、プロ劇団に所属した。

 11年前に名張に帰郷後は地元のラジオ番組に出演。昨年9月には養成所時代の仲間と3人で、伊賀市内でオムニバス形式の喜劇を上演するなどした。

 塾は6月~来年3月に開催(日程は未定)。脚本の書き方や小道具・衣装作りなども体験できる。平日夜▽平日昼▽土日の3コースで、月1回の全体レッスンもある。受講料は月1000円で、来年3月に予定する卒業公演のチケット10枚分(1枚1000円)の買い取りも必要。

 申し込みは今月16日必着で、はがきやメールに氏名、年齢、住所、電話番号、応募動機、参加可能な曜日と時間などを書いて、市文化都市協会(〒518-0809 伊賀市西明寺3240の2、samazama@bunto.com)まで。問い合わせは同協会(0595・22・0511)。【広瀬晃子】

毎日jp記事より