【伊賀タウン情報YOU】台風21号 県内被災者への義援金箱設置 伊賀・名張市

伊賀市は11月2日、台風で大きな被害が出た伊勢市や玉城町など県内自治体に住む被災者の救援や復興活動を支援するため、義援金の受け付けを開始した。

義援金箱の設置場所は市役所本庁と上野支所を除く各支所のカウンターで、期間は30日まで。寄せられた義援金は日本赤十字社三重県支部を通じて県内の被災者に送られる。

名張市でも、同市役所(鴻之台)と市総合福祉センターふれあい(丸之内)のいずれも1階ロビーに義援金箱を設けている。寄せられた義援金は市社協から赤十字社を通じて被災地に送る。期間は2018年3月30日まで。

伊賀タウン情報YOU記事より