【伊賀タウン情報YOU】伊賀ドキの人 英会話でつながる楽しみ バニャ・コバチッチさん(35)

 名張市元町と同市百合が丘で4月に開校した英会話教室「Native English Room(ネイティブイングリッシュルーム)」で講師を務める。「英会話を通じ、多くの人たちとつながっていく楽しみを伝えたい」と願う。

 ニュージーランド・オークランド市の実家をホームステイに訪れた外国語学校の学生たちとの交流が、英語を教える原点だ。20代で渡ったオーストラリア・ゴールドコースト市は移民が多く、働く傍ら、知り合った異国の友人たちに日常会話を教え、交流を深める楽しさやそのやりがいに引き込まれた。

 レッスンで心掛けるのは自然な会話の中での楽しい英語。「自転車だって失敗を重ねながら、実践するうちに上達していく。英語も同じだよ」。自然と会話ができるよう生徒の興味に合わせて指導する。バンドで磨いたギター演奏を交え、盛り上げることも。

 目下の目標は「日本語をしゃべれるようになること」。でも、最近の一番の関心事は、もうすぐ生まれてくるわが子だ。「英語も僕のギターも、たくさん聞かせてあげたい」と幸せな日々に胸を躍らせる。

【私のお気に入り】
親友から贈られたギター。数あるギターの中からただ1本、ともに海を渡ってきた。公私ともに弾き鳴らす愛用品。

伊賀タウン情報YOU記事より