公益信託地球環境保全フロン対策基金平成 30 年度(2018 年度)募集 2018年1月15日(月)締切

◆受付期間:2018年1月15日(月)当日消印有効

◆対象団体:
オゾン層保護、地球温暖化防止に関する情報・知識の普及・啓発活動等を行なう国内
の民間の団体で、次のいずれかに該当するものとします。
尚、国内の団体が海外で活動を行う場合も、対象とします。
(1) 財団法人・社団法人などの非営利法人
(2) 国公立・私立大学
(3) 特定非営利活動法人
(4) 法人格を有しない営利を目的としない民間団体で、次の条件をみたすもの
ア.定款、寄付行為に準ずる規約を有すること
イ.団体の意思を決定し、申請に係る活動を執行する組織が確立していること
ウ.活動の実績等から見て、申請に係る活動を確実に実施することができると認められ
ること
(5)その他、経理上の管理を確実に行うことのできる民間団体、法人

◆対象活動:
オゾン層保護、地球温暖化防止等を目的とする、フロン類の大気排出抑制等に関する活動(内外市民への情報・知識の普及・啓発活動、およびその他の各種活動)で、次のいずれかに該当するものとします。
(1) シンポジウム、フォーラム等の開催(開催費用を助成)
(2) 教材の作成、配布等の活動(教材作成費、配布費用などを助成)
(3) 環境教育活動(イベント開催費用を助成)
(4) 海外における、フロン回収に関する情報・知識等の普及活動
(5) その他フロン類の大気排出抑制に関する各種活動
以下にフロン類の大気排出抑制対策を例示します。このような対策に関する各
種活動を対象とします。
ア.冷凍庫やエアコン等には、フロン類が冷媒として充填されているため、移設
したり廃棄する際に、事前に冷媒を回収して大気中に放出されないようにする
ことが、フロン類の大気排出抑制対策になります。
イ.冷凍庫やエアコン等の配管に小さな穴等が開いていると、冷媒のフロンが微量づ
芝 154 号-募集案内
つ大気中に漏れるため、定期的に冷媒の減少量や追加充填量を確認し、必要な場合に
修理を行うことが、フロン類の大気排出抑制対策となります。
ウ.ダストブロワー等のエアゾール、建材用断熱材の発泡剤等にはフロンを使用してい
るものがあり、ノンフロンの製品に切り替えることがフロン類の大気排出抑制対策に
なります。

◆助成金の額:
(1) 年間助成総額 1、000 万円(予定)
(2) 助成対象活動のうちシンポジューム、フォーラム等の開催費用助成については、1件当たり 100 万円から 500 万円程度を目途とします。
(3) 1団体に交付される助成金の額は、助成活動を行うために直接必要な経費の範囲内とします。他の機関から助成を受けている場合又は頒布物等の売上その他の収入が 見こまれる場合は、これらの収入との合計が活動に要する費用を越えることはできません。

◆応募方法:
所定の申請書に必要事項を記入し、後記受託者宛て提出してください。
(申請書用紙は「三井住友信託銀行」のホームページの公益信託の募集案内一覧のページからダウンロードしてください。 A4 サイズで使用のこと。)

◆問合せ先:
三井住友信託銀行 個人資産受託業務部 公益信託グループ
公益信託地球環境保全フロン対策基金申請口
〒105-8574 東京都港区芝 3-33-1
TEL 03-5232-8910( 受付: 平日 9 時~17 時) FAX 03-5232-8919
ホームページ http://www.smtb.jp/personal/entrustment/management/public/example/pdf/GlobalEnvironmentFreon_a.pdf