名張鳥獣害問題連絡会

団体名 名張鳥獣害問題連絡会
主催者 木戸 泰弘
郵便番号 518-0763
住所 名張市矢川758番地
電話番号 HP http://sarushika.moo.jp/index.html
【団体の紹介】
鳥獣害について具体的に情報の伝達や対策について取組む関心のある市民のボランティアの会

【設立・活動の目的】
設立は平成23年4月の名張市提案公募型事業費補助金の募集に応募し “はじめの1歩” コースとして10万円の補助金を受けスタートしました。

【活動内容】
①補助金10万円でホームページ ”やまだのかかし” を開設し鳥獣害についての実情や被害、対策の情報を発信しました。
②平成20年頃から会員有志の機関紙として月1回猿新聞の発行をしておりました。平成25年当初から被害が身近で深刻な問題になって来ましたので発行部数を増やし広く市民のお役に立つ為の活動としました。
③現在は名張市内の6地域、つつじが丘、ひなち富貴が丘、赤目、錦生、箕曲、国津は全戸回覧、他の地域は市民センターに各10部、月間1160部の発行になっています。
④鳥獣害対策研修会の開催、28年7月17日市防災センターで県の研究者を講師に開催、市議4名を含む78名の参加がありました。

【市民へのPR】
先般の研修会は猿新聞は勿論、広報なばり、YOUの他朝日、中日、毎日の各紙で案内され多数の関心のある市民の参加をいただきました。今後も年1回は継続して開催致しますのでご参加下さい。