設立の経緯

市民のみなさんに人権を身近なものとして考えていただけるよう、市民講座の開催、啓発資料の作成・配布など、啓発活動を行います。また、人権センターホームページ等を通じて、人権に関する各種情報の提供を行います。さらに、人権に関する、図書、ビデオライブラリーの充実に努め、学習活動支援のため貸し出しを行います。

内容
2001 4 12 桑名市人権センターを視察
2001 6 22 (財)近江八幡市人権センターを視察
2002 2 26 「名張市差別撤廃審議会答申」において人権センターの設置が提言される
2002 6   部落解放同盟名張市協議会との懇談会において市長が「人権センター」を設置する旨発言
2002 11   市長を本部長とする名張市人権推進本部(庁議)及び名張市人権施策検討委員会(兼推進本部幹事会・庁内会議)を設置し、「名張市人権施策基本方針」と「名張市人権施策基本計画」の検討に着手
2002 12   検討委員会に課題別部会「人権センター部会」を設置(以降2003年2月までに4回開催)
2003 1 17 茨木市人権センター(民間組織)を視察
2003 3   人権施策検討委員会人権センター部会の結論が出る(以下抜粋)
      『2004年4月の設立を目指し、2003年度の早い時期に行政と関係団体等で構成する設立準備会を組織してセンターの機能や組織の詳細について検討を始めます。なお、センターの運営が軌道に乗り、市の財政状況や社会経済情勢等を見極めたうえで、法人化を目指します。』
2003 3 3 名張市差別撤廃審議会に「名張市人権施策基本方針(案)」「名張市人権施策基本計画(案)」を提示し、そのなかで人権センターについても協議
2003 6 21 名張市人権・同和教育推進協議会総会席上、市長が2004年4月の人権センター設立を明言
2003 7 10 人権センター設立準備会(官民21名)を組織、2004年4月1日設立を目指し第1回会議
2003 8 15 草津市人権センターを視察
2003 8 19 第2回人権センター設立準備会
2003 9 4 人権センター設立に関して記述した名張市人権施策基本方針(案)・人権施策基本計画(案)を人権推進本部(庁議)へ付議し検討を依頼(次回庁議で意見聴取)
2003 9 22 第3回人権センター設立準備会
2003 10 9 (社)甲賀郡人権センターを視察
2003 10 9 人権センター設立に関して記述した名張市人権施策基本方針(案)・人権施策基本計画(案)を人権推進本部(庁議)にて承認決定
2003 10 23 第4回人権センター設立準備会
2003 10 24 人権センター設立準備会における検討の進捗状況に関し、市長に中間報告
2003 11 14 名張市人権施策基本方針(案)・基本計画(案)を市議会に報告
2003 11 25 第5回人権センター設立準備会
2003 12 19 設立方式(公設か民設か)に関し、人権センター設立準備会代表(2名)、名張市差別撤廃審議会会長が市長と面談
「人権センター設立に際しては、行政機関ではなく民間組織として発足し、当面市職員を派遣し業務運営に当たらせる」ことを確認
2003 12 19 第6回人権センター設立準備会
2004 1 23 第7回人権センター設立準備会
2004 2   庁内協議(市長、助役、関係部長、人権啓発室長)
2004 2 10 第8回人権センター設立準備会
規約等諸規程、理事会・評議員会委員の選出団体について提案
2004 2 20 人権センターを4月1日に民間組織として設置することを人権推進本部(庁議)で確認決定
2004 2 20 第9回人権センター設立準備会
規約・諸規程等、理事・評議員の選出団体について確認
2004 2 24 人権センター設置につき名張市議会重要施策調査特別委員会に報告し了承を得る
2004 3 22 第1回人権センター理事会・評議員会準備会
2004 5 25 第2回人権センター理事会・評議員会準備会
規約・諸規程等正式承認、同日付けで施行し、「名張市人権センター」の設立とする
2004 5 25 第1回人権センター理事会・評議員会
理事長・副理事長選出、2004年度事業計画・事業予算につき審議、承認
2004 6 9 人権センター理事長より、市長に対し事務局担当職員の派遣依頼
2004 6 16 上記派遣依頼に基づき、市長より市職員2名に人権センター事務局業務従事の職務命令
2004 7 1 名張市役所内会議室を借用し、人権センター事務局を開局

▲事務局開局

▲取材を受ける市長と理事長(左)
2009 6 13 事務局を名張市市民情報交流センター(名張市希央台5番町19番地)内へ移転