名張市人権・同和教育推進協議会総会が開催されました。(6/4開催)

日時 : 2016年 6月 4日(土) 総   会  13:00~14:20 (12:30受付開始)
                     記念講演  14:30~16:00

記念講演 「知っていますか?LGBTのこと」
講  師  近藤 由香(コジ)さん【女性とLGBTのためのリソースセンター QWRC共同代表理事】

場所 : 名張市武道交流館 いきいき 多目的ホール(名張市蔵持

近藤さんは大阪市にある「女性とLGBTのためのリソースセンター『QWRC』の共同代表理事を務められ、講演活動やサポート事業に取り組んでおられます。…
調べていると、はるな愛さんがパーソナリティの「EテレNHK2014年9月21日放送『バリバラR』」にもセクシャルマイノリティ当事者の一人として、スタジオ出演されていました。視聴者から寄せられたメールを紹介しながら、当事者の方とともに考えるという番組です。ぜひ、のぞいてみてください。
バリバラRです。


※名張市人権・同和教育推進協議会(名同協)は、1980年の結成以来36年間、部落差別をはじめ、あらゆる差別をなくすために、関係団体や機関相互の連携強調、人権・同和教育の充実発展を期して取り組みを進めている組織です。

【振り返り】
 6月4日、「名張市武道交流館いきいき」で2016年度名張市人権・同和教育推進協議会総会が開催されました。今回の記念行事は大阪から、“多様な性を生きる人やその周辺の人と、女性のためのリソースセンターQWRC【クォーク】”の共同代表理事である近藤由香(コジ)さんを講師に招き、このタイトルをテーマにした人権講演会でした。
セクシャリティの基礎知識からコジさんのセクシュアリティ、なぜ人権問題なのか、カミングアウトとアウティング等々、笑いも交えて分かりやすくコジさんからのお話を聞かせていただきました。…

コジさんの経験・・・・社会の規制のルールを破る、その苦しみを誰にも言えない、どうやって相談したらいいかわからない、自己肯定感など育たない・・・死ぬ前に、行きたいところへ行ってみよう・・・そこで自分と同じマイノリティの人との出会う。自分らしく輝く人たち。でも、そうなるまでにどんなことがあるのか・・・自分らしく生きるための困難さは誰もが経験する道・・・。
お話を聞きながら、私たちにできることは何かを考えさせられました。
今たどり着ける答えは、「無理解・無関心」から「知ること」だと・・・。

名同協差別事象部会では、今年度も「誰もが自分らしく生きるとは~性的マイノリティの現状と課題を通して~」の調査研究を進めます。

名張市人権センターさんの写真  名張市人権センターさんの写真