2015年度名張市人権啓発企業研修会を開催しました。

10月27日名張市人権・同和教育推進協議会主催の人権啓発企業研修会が名張市役所大会議室にて開催されました。
講師に大阪企業人権協議会講師(日本産業カウンセラー協会理事)の窪山幸雄さん。テーマを「元気が出る職場づくりとメンタルヘルス」として、講義ありワークありの約2時間の研修でした。会場には企業関係の方を中心に61人の参加でした。

ウォーミングアップのジャンケンゲームから、会場は大盛り上がり。皆さん楽しそうに研修が始まりました。ストレス反応や現代型うつ病のこと、今年の12月から始まる「ストレスチェック制度」のことなど、幅広く学ぶことができました。
ワークではペアを組んで「話す人」「聞く人」の役割を交互に。ポイントは「聞き方」の練習です。最初は話し手が何を言っても横を向いて反応を一切しない聞き方A。その次は、話し手に対して相づち、うなずきを打っての聴き方B。どちらも体験した参加者からは、話し手としては、Aは冷たく感じ、話が続かない。声も小さくなる。逆にBは温かい感じがして嬉しいし、声も大きくなってくる。もう少し話してみようという気持ちが出てくる、とい…う感想がありました。

事後のアンケートにも「聴くという難しさを改めて理解したような気がします。ついつい高圧的な態度をとっていたと反省しました。」「職場に持ち帰り、すぐ実践できることが多かったです。」「ストレスチェックのことを聞けて良かったです。」など、これからの業務や生き方に活かしていきたい等の意見が本当に多くありました。
元気が出る職場づくりの基本を教えていただいた気がしました。窪山さん、参加された皆さん、ありがとうございました。