JERRYBEANSの告白!!講演ライブがありました。

【振り返り】
  

   
 
  
「どの曲もどの歌詞も心の中まで浸透してきました。“笑顔はうつる!!”“最高!!”本当にそう思います。大好きな息子に毎日毎日“死にたい”と言われた時期があり、その頃を思い出すと涙があふれてきました。最後の“大丈夫”という曲の中に出てきた言葉を何度息子に伝えただろう。だいすきだいすき愛してるよ。いくつになってもいつまでも伝え続けていきたいです。今日、ライブに来れて、唄を聴けて、お話を聴けて、最高な気持ちです。ありがとう。またお会いできますように!JERRYBEANSの活動を応援し…ています!!」
(ライブ後のアンケートより)
 

7月13日(日)13:30~桔梗が丘公民館講堂にて、元不登校バンドの講演ライブ「JERRYBEANS(ジェリービーンズ)の告白!」を開催しました。

午前中雨が降り、蒸し暑い一日となりましたが、このライブに集まった人たちは65人。
ライブの前半は、不登校だったころの辛く息苦しい毎日・・・
「僕は生きていちゃいけないんだ」
「自殺を、ただ愛されるための一つの方法だと思っていた」
「寸前で止めてくれたのは、母が抱きしめてくれていった言葉・・・不登校ってそんなに悪いことなんか?生きていてくれることで十分」
会場のあちこちからすすり泣く声が。

そんなシーンもあって、後半は物真似を皮切りに、笑顔の連鎖が始まりました。会場に集まった参加者の皆さんとJERRYBEANSの笑顔のやり取り、そこから、隣の人と、周りの人との笑顔の交換。会場は一気に盛り上がり、アンコールもあって、最後には参加者全員がとってもいい笑顔でこの講演ライブが終わりました。

終わってからも、CDを購入される人、サインをもらう人、次の講演を約束される人。この場から、この空間から、離れることが名残惜しそうに会場を後にする人、人、人。
市内の小中学生にもぜひ聴いてほしい、心に染み入る講演ライブでした。

JERRYBEANSの皆さん、音響、照明、撮影等のスタッフの皆さん。「メッセージ」は、しっかり受け止めました。本当にありがとうございました。