市民文化講座を開催しました。

テーマ 「集まろう・感じよう:外国にルーツを持つ人たちの現在(いま)」

日 時 : 10月28日(日) 13:30 ~ 16:00
コーディネーター : 伊賀の伝丸
対象者 : 市内在住のニューカマーの方々
その方々とかかわりを持つ市民・職員
関心のある市民のみなさん
差別事象研究部会員
会 場 : 名張市武道交流館 いきいき 工芸室及びまちづくり活動室 等
詳しくはこちらです。(日本語版) It is in detail here. (English-language ) 是更多内容。(中文)
É em detalhes isto.(Português)

【振り返り】

10月28日雨の中、13:30分より市民文化講座「集まろう・感じよう:外国にルーツをもつ人たちの現在」が、38名の参加のもと開催されました。参加者は、ブラジル、中国、カザフスタン、タンザニア、アメリカ、日本と、6各国の人が集まりました。
伊賀市にあるNPO法人「伊賀の伝丸」さんの協力のもと、最初に、ブリガデイロ、ベイジーニョというブラジルのチョコボールを作りました。
お子さんも楽しそうに作っていました。
そのあと、作ったブリガデイロ等を持って場所を移動。交流室で、伝丸さんスタッフの方と、伊賀市役所で通訳でお勤めのブラジルの方から、伊賀市、名張市の外国人登録の現状と暮らしについて、お話がありました。
そして、アイスブレーキングでクイズや自己紹介ゲームを楽しく行い、2グループに分かれて交流会へ。
ブリガデイロを食べたりガラナを飲みながら、普段名張市での生活について、思いや考え、希望を意見交換しました。
時間が足らないくらいに話し合いが盛り上がり、終わるのが残念な様子でしたが、時間が来てしまい終了となりました。終わってからも、連絡先を交換したりする姿が印象に残りました。