チャレンジャーズ・アワード 働きながら挑戦、女性を表彰 県が募集/三重・毎日jp

 県内で働きながら何かに挑戦する女性を表彰する「チャレンジャーズ・アワード2018」への応募を県が呼び掛けている。女性の活躍の推進が狙いで、受賞者には賞金30万円などが贈られる。応募は8月末まで。

 アワードは今年で3回目を迎え、過去の受賞者には名張市で農福連携による水耕栽培などに取り組む井上早織さんらがいる。さまざまな分野で活躍する女性を発掘することで女性が働きやすい職場づくりなどを目指しており、鈴木英敬知事は「ダイバーシティー(多様性)推進に取り組んでいくために積極的な応募を期待したい」と話す。

 応募資格は「県内で働きながら何かに挑戦する女性」で、書類審査を通過すれば、ファイナリストとして10月に松阪市で開かれる「みえの輝く女子フォーラム2018」に登壇する。自薦・他薦共に受け付け、国籍や居住地、年齢も問わない。

 最高賞の「みえモデル賞」には表彰状と賞金30万円が贈られるほか、オーディエンス賞などもある。希望者は特設ホームページ(https://mie-w.com/award)からエントリーする。問い合わせは県ダイバーシティ社会推進課(059・224・2225)。【山本萌】