みんなの広場 てきぱき指示出す女性監督=非常勤講師・岩代孝一・60/毎日jp

 我が家の隣の道路工事現場の朝は、働く職人さんたちの朝礼で始まる。その輪の中心に若い女性監督。一日の作業の段取りを明るい声で伝えているのが聞こえる。百戦錬磨の職人さんを相手にして、てきぱきと指示を出す姿がりりしく映り、とてもかっこいい。作業のはかどり具合は「段取り半分」というらしい。その日の作業をスムーズに効率よく進めるために、設計図をもとに測量機器をのぞいて丁張りをかけ、重機や職人さんの配置を決める。資材の注文と業者への連絡を前日遅くまでかかってやっておかないと職人さんが戸惑ってしまう。想像するに大変な仕事量だ。

 一年前の彼女は、まだ仕事に慣れていないのは明らかで、職人さんから冷笑される様子も見られた。しかし、日々の積み重ねてきた経験が彼女を成長させた。出す指示が明確になったのだろう、職人さんの動きもスムーズになった。今現場は明るく、まとまりある空気に満ちている。男女共同参画の姿がここにある。