女性のチャレンジ賞 武村さん、知事に受賞を報告 特別部門賞の尾松さんも /滋賀/毎日jp

 内閣府の今年度の「女性のチャレンジ賞」を受賞した湖南市の「はたけのみかた」代表取締役、武村幸奈さんと、「女性のチャレンジ賞特別部門賞」を受けた滋賀医科大男女共同参画推進室の尾松万里子学長補佐(男女共同参画担当)がこのほど、県庁で三日月大造知事に受賞を報告した。三日月知事は「素晴らしい。活躍を多くの人に知ってもらうよう協力したい」と喜んだ。

 武村さんは龍谷大在学中の2014年に同社を設立。仕事が忙しくて離乳食の手作りが難しい母親らの要望に応えるため、農薬に頼らない県産野菜を使ったベビーフードを作って販売している。「農家の思いをお母さん方に伝えることも大事だと考えている」と話した。

 滋賀医大は子育てや家事で忙しい女性研究者や支える夫が働きやすい職場となるよう、育児・介護中の研究者に支援員を配置。学内保育なども充実させ、女性教員の比率アップなどにつながっている。尾松さんは「離職した女性医師の復帰を支援するスキルアップのプログラムでは他大学出身者も受け入れている。時代の変化で変わる要望に応えながら、男女共同参画を継続していきたい」と語った。