選挙 候補者の男女比「均等」法案見送り/毎日jp

 衆参両院や地方議会の選挙で、候補者の男女比率を「均等」にする努力義務を各党に課す「政治分野における男女共同参画推進法案」の今国会での成立が見送られることになった。法案を審議する衆院内閣委員会で、学校法人「加計学園」問題を巡る質疑の取り扱いなどで与野党が折り合わず、審議日程が確保できないことなどから断念した。