東大 女子学生対象 家賃補助月額3万円 来春の入学生に/毎日jp 

東京大は14日、来春の入学生のうち、親元を離れて大学が用意した物件に入居する女子学生を対象に、家賃補助として月額3万円を支給すると発表した。

東大は合格者のうち女子学生が2割に達しない状況が続いており、男女共同参画推進の観点から女子学生の割合を増やそうと家賃補助を決めた。

対象は自宅通学の場合に教養課程のある駒場キャンパス(東京都目黒区)まで90分以上かかり、大学側がキャンパス近くに用意するマンションなどに入居する女子学生。物件は大学がセキュリティーや耐震性を確認したうえで100室程度確保するという。補助期間は最大2年。南風原(はえばら)朝和副学長は「家賃補助で女性の東大受験者が増えるようにしたい」と説明した。

男女共同参画問題に詳しい中央大の広岡守穂(もりほ)教授(政治学)は「入試で女性の受験者に加点するなら男女平等に反するが、家賃補助は女子学生を積極的に受け入れたいという姿勢の表れ。関心をもって効果を見ていきたい」と話している。