男性の育休取得6.16%に 18年度、6年連続で上昇/毎日.jp

 厚生労働省が4日発表した「2018年度雇用均等基本調査」(速報版)によると、男性の育児休業の取得率は前年度比1.02ポイント上昇の6.16%だった。上昇は6年連続となる。担当者は「共働き世帯が増え、夫婦一緒に子育てするという意識が年々高まっている」と分析した。
女性の育児休業の取得率は1.0ポイント低下の82.2%だった。厚労省は「女性の取得率はすでに高い水準にあり、ここ数年は80%台前半で増減している」とした。政府は企業への助成金制度や啓発活動などで男性の取得を後押し、取得率を20年までに13%とする目標を掲げている。

(2019年6月4日)