男女共同参画調査「出産後も仕事」54% 初の5割超え、育児世代支持多く/毎日jp

 女性が職業を持つことについて「子どもができても、ずっと職業を続ける方がよい」と考える人が初めて5割を超え、54・2%に達したことが29日、内閣府が発表した男女共同参画社会に関する世論調査結果で分かった。2年前の44・8%から9・4ポイント上昇した。「続ける方がよい」との回答は育児世代に多く、女性は30~50代で6割、男性でも30~60代では6割近くに達した。一方で「子どもができたら職業をやめ、大きくなったら再び職業をもつ方がよい」との回答は20代女性が最も多く、37%だった。  
 
 調査は8~9月、全国の18歳以上の男女5000人を対象に個別面接方式で実施し、3059人が回答。

 「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきである」という考え方については、反対が54・3%、賛成が40・6%。ただし、20代女性は「賛成」が47・2%で、70歳以上の男性(53・7%)に次ぐ高水準だった。20代女性の「賛成」の理由は「妻が家庭を守った方が、子どもの成長などにとって良いと思うから」が60%で最も多かった。

 調査は1992年開始。今回は結婚後の旧姓使用についても初めて質問した。「旧姓を通称として使用したいと思う」と回答したのは男性39・5%、女性23・9%。年代別に見ると18~29歳では4割を超え、若い世代ほど旧姓使用に積極的な傾向が見られた。【中村かさね】