斎宮見学会参加者募集中!

2021/11/16

12月1日(水)に第1回館外学習「斎宮(さいぐう)歴史博物館見学」を開催します。三重県多気郡明和町・史跡斎宮跡地内に建設された県立斎宮歴史博物館をはじめ「いつきのみや歴史体験館」等をボランティアガイドさんの案内で巡るバスツアーを企画しました。奮ってご参加ください。詳細は、電話0595-63-0329まで。

斎宮は「いつきのみや」とも呼ばれ、斎王の宮殿と斎宮寮(さいくうりょう)があった所。斎王は、天皇に代わって伊勢神宮に仕え、天皇の代替りごとに皇族女性の中から選ばれ、都から伊勢に派遣されていた。制度上最初の斎王は、名張にも縁の深い天武天皇(670年頃)の娘・大来皇女(おおくのこうじょ・夏見廃寺、昌福寺の創建発願者とされる)で、制度が廃絶する後醍醐天皇の代まで約660年間続き、その間60人余りの斎王の名が残されている。

斎宮見学を介して歴史の面白さ、文化財の大切さを考えたいと思います。

http://www.emachi-nabari.jp/akame/wp-content/uploads/2021/11/60f57e7ee55c2775903db44daba2d944.pdf